仕事とジャニーズを両立

なりたい自分になる。やりたいことを全部やるブログ。

先生たち、早く帰ろう!

教員の働き方や仕事量について、最近話題ですね。

 

学校の先生って、なんとなく、特別な仕事に思われているような気がしています。

 

「先生なんだから」

「先生なのに」

 

よく言われます。

 

わたしは、学校に勤めています。

職業として、教員を選びました。

 

ただ、実際になってみて分かったのは、とにかく時間がない。終わりがない。休みがない。

 

なりたての頃は、それでもよかったんです。

 

帰りが遅いけど、周りの先輩の先生達もみんなそうだから…

帰ってきたら、疲れすぎててすぐ寝ちゃう。ごはん食べてても、お風呂入ってても、明日の授業の教材研究しててもすぐ寝ちゃう。

土日も、部活。練習試合なんかあると、平日より長い拘束時間。

たまーーーにある休みも、疲れすぎてて遊びに行く気もしない。寝てたら1日終わっちゃう。

生活のなかで幸せを感じられる瞬間は、晴れた休みの日にお洗濯を外に干せること。本当に貴重だった。

最高の贅沢は、ごくたまに映画を観に行くこと!1人でも半日あればできる、日常を忘れられる最高のリフレッシュ法でした。

 

そんな数年間を過ごし、ずーーっとこの生活が続いていくと思うと、こわくなりました。

休みもとれないなんて、何のために働いてるんだろう。疑問をもつようにもなりました。

新しい趣味ができたとき、その趣味のためには、休みがないと無理だということに気づきました。

 

そんなこんなでわたしは今、教員を仕事として続けつつ、自分のプライベートもめいいっぱい楽しむ生活をしています。

さらにこの生活を充実させたいと思っています。

ただし、仕事の手を抜くのはちがうと思っているので、勤務時間内はやることをしっかり。

 

教員をしながらも、プライベートも楽しめるよ!趣味も全力でできるよ!というのを、自分自身で証明してみせたいと思っています!

あれこれ試しながら、頑張っていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします☺️