仕事とジャニーズを両立

なりたい自分になる。やりたいことを全部やるブログ。

【小ワザ】給食の食缶を空にする技

こんばんは。1週間おつかれさまでした。

週末楽しみましょう。

 

さて、昨日に続いて小ワザです。

 

今年度、力を入れていることのひとつに食育があります。

配膳員さんともお話する機会が多いし、いろんなクラスの片付けの様子を見に行っています。

 

分かることは、力がある先生の学級は、給食の残量が少ない!!

 

わたしも、こどもたちにも必要性を感じさせて、マナーを守って楽しく、しっかり栄養がとれる指導をしていきたいと考えています。

 

 

給食当番の配膳後、配分が上手にできずに食缶にたくさんおかずが残ってしまうことがあります。

そんな時は、こどもたちにも声掛け。

 

「おいしいサラダ、先着〇名様にプレゼント中です!」

 

人間の心理なのか、『先着』って言葉を聞くと、じゃあもらっておこうかなってなる様子。

 

あとは、わたしがおかず完売するまで

「いかがですか?」

「おいしいですよ!」

「今だけよそってあげる大サービス中!」

って言い続けてるので、あまりのしつこさに しょうがないなぁ😓 って顔しながら受け取ってくれることも。😆

 

アレルギーでない限りは、苦手なものもひと口は食べてみるようにも常々話しています。

ひと口だったら頑張れる!

 

先生の声掛けひとつで、こどもたちの給食残しの量が減ります。

おいしい給食、きちんと食べてほしいです☺️

 

 

ちなみに、「先着〇名様」は、ほかの場面でも結構使ってます。

プリント数枚余分に余った時なども、

「明日のテスト範囲のプリント、先着〇名様にプレゼント!」

とか。

売りたいものを押し売りできる便利なことばでした😏