仕事とジャニーズを両立

いつまでもガールなアラサーのなりたい自分になるブログ。ジャニーズ・教育・読書などなど発信中!

嵐、なぜ2020年でグループ活動休止?理由とメンバーそれぞれの想い

嵐 活動休止 大野智 なぜ 理由 本当の 2020 5×20 解散 二宮和也 相葉雅紀 櫻井翔 松本潤


2019年1月27日(日)、夕方17時ごろに嵐が2020年をもって活動を休止することを発表しました。

 

急な発表でファンはもちろんですが、日本全体が衝撃を受けました。

 

あんなに仲がよさそうだった嵐がなぜグループ活動を休止することになったのか、その理由とメンバーの想いを嵐ファンクラブ会員向けの動画で語りました。

 

 

発表は動画で まずファンへ伝えようという嵐メンバー

活動休止は、1/27の17時ごろにファンクラブ会員向けにメールでJohnnys net(ジャニーズネット)のURLを送付して発表されました。

 

最初にこれまで応援してきてくれた嵐ファンに伝えようという気持ちが、嵐らしいです。

 

活動休止の話は2017年6月リーダー大野智から

 

君のうた(通常盤)

今回の嵐の活動休止の話を最初にしたのは、リーダーの大野さんとのこと。

 

2017年6月中旬に、メンバーがそろった場で「2020年をもって自分(大野智)の嵐としての活動は終えたい」という話があったそうです。

 

最初に話をしてから、1年半以上メンバーや事務所の関係者で話し合っての発表となったようです。

 

前々からコンサートなどでも嵐メンバーが繰り返してきたように、「嵐は5人がそろって嵐である」という考えが強い嵐メンバー。

 

大野さん一人が欠けた状態で4人で嵐を続けていくのではなく、5人がそろわなくなるのならば活動を休止しようという今回の発表は、どこまでも嵐らしいです。

 

結果、大野智さんの考えを尊重しての今回の活動休止の発表となりました。

 

活動休止など考えていなかった、驚いた。それでも僕らはいつまでも嵐と語った二宮和也

 

内容が内容だけに、全体に重たい雰囲気のただよう動画だったけれど、その中でも前向きな気持ちを届けようとしていたのは二宮さんだった。

 

  • 2020年まで嵐らしく活動したい
  • 何より楽しく思い出をつくっていきたい
  • 関係各位の方にはまだまだこれからもお世話になりたい

と、二宮君らしい軽やかさで語っていたのが印象的でした。

 

最後に「忘れないでいただきたいのは、僕らはいつまでも嵐なので、どうぞよろしくお願いします」と話した嵐が大好きなにのちゃん。

 

今回の発表が「解散」ではなく「活動休止」であるのも、完全に終わらせるのではないというメンバーの気持ちもあってだろうと感じました。

 

「まだまだ5人で見たい景色がある」とコンサートで語っていた松本潤

ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD]

 

2020年12月31日までは23か月近くあるこのタイミングで発表したのは、ファンが活動休止とメンバーの想いを受け止めるまでに時間がかかるであろうということ、そして、自分たちも前を向いて毎日を過ごしていけたらという思いからだということが松本さんから伝えられました。

 

倍率が高すぎてチケットがとれないことで有名な嵐のコンサートの演出を毎年担当してきた松本潤さん。

 

2018年の5×20東京ドーム公演では、コンサートの終わりの挨拶で

「まだまだこの5人で見たい景色があります

 そしてこの5人で見せたい景色がまだまだあります」

と話していた松本潤さん。

 

そのときは、「これだけのすごいコンサートを毎年つくり続けても、それでもまだって言えるのってすごいな」とただただ感動しました。

 

その話をしていた2018年12月には、約1か月後に嵐の活動休止を発表することを分かっていたはず。

 

動画の松本さんの話を聞いて、彼はあのコンサートの日、この話を5万5千人の前でどんな想いでしていたんでしょう。

 

松本さんも嵐を活動休止させたくないんだな、と推察してしまいます。

 

「ファンの皆さん、ついてきてください」と話す松本潤に、ついていかない選択肢はありません。

 

嵐のためだったら何だってできる 相葉雅紀

 

「僕はホントに嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております」と話したのは相葉さん。

 

仲が悪くなった訳ではないとはっきり口にしてくれたのは、ファンにとって救いになります。

 

最後に、

「いつの日かまた、5人が同じ方向を向いて、嵐として活動を再開できるときには皆様に喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます」

と、ちょっと気の早すぎる話をしてしまったのも相葉君らしい。

 

活動休止中も個人として頑張ってくれること、期待します。

 

5人でしっかりと肩を組んでひとつの大きな目標に向かっているのが今の嵐 櫻井翔

ARASHI BLAST in Miyagi(通常仕様) [Blu-ray]

活動休止の発表の中でも、一致団結して休止に向けて進んでいると話してくれたのは櫻井翔君。

 

バラバラになってしまったのではないと力強く話してくれました。

 

ここから活動休止までの間に、線香花火ようなものからどでかい打ち上げ花火のようなものまでを考えているとのこと。

 

5×20のコンサートのほかにどんなものを見せてくれるのかが楽しみです。

 

2019.12.31に向けて、嵐とともに残り期間を全力で過ごせたら

ここ最近、ジャニーズ事務所内ではデビュー組・Jr.問わずたくさんのグループで脱退・解散・活動休止など、悲しいニュースが続いています。

 

そんな中、ここだけはどうか!と思ってきた嵐からも残念な発表があって、正直またか…と思いました。

 

その一方で、これを書きながらいまだに「嵐が活動休止?なにかの間違えじゃ?」という信じられない気持ちもあります。

 

確かに、「8時だJ」に出演していた頃のJr.全盛期と言われていた頃のメンバーが30代に。

 

それぞれのライフプランを考えてもずっと同じままでい続けるということは難しく、変わっていくことは残念だけれどしょうがないのかもしれません。

 

わたしたちファンは残りの期間をただ悲しんで終えるのではなく、嵐と一緒に全力で過ごしてその日を迎えられたら。

今はそう思います。

 

あわせて読みたい

なぜ嵐は5人で20年続けられたの?今年解散・脱退を経験したJr.担の考察

「涙が止まらない」は仕事や学校を休む立派な理由|性格や原因を解説