仕事とジャニーズを両立

なりたい自分になる。やりたいことを全部やるブログ。

ジャニーズのカウコンで当選を勝ちとる方法【当選確率85%の私の分析】

ジャニーズ カウコン 当選 当落


毎年12月31日に東京ドームで行われているジャニーズカウントダウン

 

当選確率は、75倍とも100倍ともいわれています。

 

それもそのはず。ジャニーズ事務所のファンクラブ会員はなんと670万人もいるそう。

 

当然、カウコンに申し込みをしていない人もたくさんいるでしょう。

 

けれど、何十万人ものジャニーズファンが、自分が応援している担当と一緒にカウントダウンをして今年を終え、新しい年を同じ空間で迎えたい一心で約55000万の枠を奪い合うのです。

 

当然、チケットの当選確率は低くなります。 

 

そんな中、わたしは厳しいジャニーズカウコンに運よく85%の確率で当選し、参加してきました。

当然自分名義での当選ですし、複数名義の申し込みをするなどのルール違反もしていません。

 

ひとえに運がよかっただけなのですが、自分のこれまでのカウコンへの申し込みと当落の結果から考えるジャニーズカウントダウンコンサートの攻略法を書いてみようと思います。

 

 

カウコンでは当選しやすい名義を使おう

 

当選を勝ち取るために一番大切なのは、「どのファンクラブ名義を使うか」ということがすべて。

 

どの名義を使って申し込むかによって、当選確率が全く変わってくるからです。

 

ちなみに、『ジャニーズカウントダウン2018-2019平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送』の出演者は下記の通り。

ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!出演者

司会はTOKIO国分太一くんとV6の井ノ原快彦さんです。

出演者は次のとおり。

 

 

  • ジャニーズJr.他

 

 

 

ジャニーズJr.は除くとして、グループが12と、個人で6人が出演者として名前が挙がっています。

 

ファンクラブの会員数はバラバラですが、どのファンクラブのファンもまんべんなく当選させるというのが~現在のカウコンの当選傾向です。

 

 

どういうことなのか、ファンクラブの例を挙げて当選確率を説明していきます。

 

*詳細なファンクラブごとの当選人数は不明ですので、全ファンクラブから平等に当選させたと仮定します。

*これも実際のところは不明ですが、Jr.名義は当選しにくいといううわさを聞きますので、分かりやすくするために今回はJr.枠はのぞいて考えます。

 

ケース1:会員数ダントツNo.1 嵐名義で申し込みをした場合の当選確率

 

嵐のファンクラブ会員数は2018年時点で約220万人。

(退会等で使われていない番号を含みます)

 

当然、嵐名義でのカウントダウンコンサートへの申し込み数は最も多くなることが予想されます。

 

17のファンクラブから申し込みがあるので、東京ドームの座席数55000人をファンクラブ数の17で割ると、嵐ファンクラブ枠からの当選人数は約3235人。

 

ファンクラブ会員の10分の1がカウコンに申し込みをしたとすると、嵐ファンの申し込み数は22万人です。

 

22万人で3235人の枠をうばい合うことになるので、この計算だと、嵐ファンのカウコン当選確率は68倍となります。

 

なんと、68人に一人しか年末年始に嵐に会場で逢えないのです。

 

ケース2:グループでは会員数最少 ABC-Z名義で申し込みをした場合の当選確率

 

2018年現在、ABC-Zファンクラブ会員数は約6万人だそう。

(退会等で使われていない番号を含みます)

 

もともとのFC会員数が少ないことから、ABC-Zファンはカウコンへの申し込み数も少なくなると考えられます。

 

嵐のときと同じく、ファンクラブ会員の10分の1がカウコンに申し込みをしたとすると、ABC-Zファンの申し込み数は約6000人。

 

ファンクラブごとにもつファンの当選枠が同じだと仮定した場合は、ABC-Zファンの当選確率は1.8倍となります。

 

申し込みに使うファンクラブによって、当選確率がぜんぜん違ってくる!

 

当然、ファンクラブの人数が違いすぎるので、実際にはもっとFC会員数の多いグループは当選枠を増やし、その分FC会員数の少ないグループの当選枠をへらしていることと思いますが。

 

機械的に計算したところ、

  • 嵐ファンクラブ・・・・・当選確率68倍
  • ABC-Zファンクラブ・・・当選確率1.8倍

と、カウコンへの当選確率がまったく違ってくることがお分かりいただけると思います。

*倍率等は、概算のための仮の数字ですので、正確なものではありません。

 

わたしのジャニーズカウントダウン申し込み状況と、当選確率

 

冒頭でも書いたように、わたしの申し込みをした年のジャニーズカウコンの当選確率は85%です。

 

内訳として、

  • タッキー&翼名義で申し込み……6回中6回当選(当選率100%)
  • ジャニーズJr.名義で申し込み……1回中0回当選(当選率0%)

 

つまり、これまでのカウコンは7回中6回申し込みをし、6回当選しているのですが、その当選はすべてタキツバ名義だったのです。

 

そして、タキツバ名義で申し込みをして落選したことがないのです。

 

タッキー&翼ファンクラブも約15万人と会員数の多いファンクラブではありませんので、ファンクラブ内の申し込み数が少なく、当選しやすかったのだと思います。

 

しかも、連続で当たっている年もありますので、嵐のコンサートのように一度当たったらその後数年は当選しないなどというようなことはないようです。

 

ちなみに、今年のカウコンテーマは『ジャニーズカウントダウン2018-2019
平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送』。

 

解散になってしまったタッキー&翼が一緒に立つ最後のステージですし、テーマにタキツバのヒット曲「夢物語」を入れてくれているところから、タッキー&翼の二人がステージに立つ時間を多くとってくれるのでは?と予想しています。

 

最後のステージまで仕事をして、ラストステージを見せてくれる自分のタキツバ名義に感謝です。

 

まとめ:ジャニーズカウコンで当選するための申し込み法

 

ジャニーズのカウントダウンコンサートに参加したいと考えている方の中には、「嵐とHey!Say!JAMP、二つのファンクラブの会員だ」というように、複数のファンクラブに入っている方も少なくないでしょう。

 

そういった方は、迷わず、会員数の少ない方のファンクラブ名義を使ってカウコンの申し込みをしてみましょう。

 

当選する確率はあげられるはずです!

 

「たくさんのファンクラブに入ってるけど、担当は嵐の○○くんだから、○○くんの名前の嵐名義でカウコン申し込みをしたい!」という方もいるでしょう。

 

その気持ち、よーーーくわかります。

 

でも、大切なことは担当名義で申し込むことよりも、カウコンに当選して12月31日に東京ドームの中に入ることではないでしょうか。

 

複数のファンクラブ会員なら、担当名義を使いたい気持ちをグッとこらえて当選しやすい(と思われる)ファンクラブでの申し込みをおすすめします。

 

ぜひ、カウコン申し込みの際のご参考にし、大好きな担当と年をまたげる確率を高めてください。

 

合わせてどうぞ♪

study.eeyukoee.com